熱を用いた再生方式で、薬品を使用せず全自動運転が可能です。

特長

■独自の再生方式の採用による耐ファウリング性の向上
「エア逆洗+バブリング+熱再生」を採用しています。従来の有機モジュール閉塞主要因である有機・バクテリアファウリングに対し非常に優れた耐性と再生効果の向上と優れたSS剥離特性を有します。

■独自のろ過方式によるランニングコスト性の向上
従来のろ過方式である内圧クロスフロー方式ではなく「外圧デッドエンド方式」を採用しています。省電力化・低ランニングコスト運用が可能です。

■省設備スペース
コンパクトな装置レイアウトが可能です。

用途/実績例 地下水ろ過(飲料水・食品加工水・プロセス水)
工業用水ろ過 (プロセス水・市水代替水・洗浄水・冷却水)
産業排水ろ過 (洗浄水・冷却水・プロセス水)